2回目の3月11日を迎えて

2013.03.20

慌ただしさにまぎれてUPが遅れてしまいましたが、今年もこの日を迎えました。 3月11日、東日本大震災から2年ですね。 311の前になると、少し体調を崩す自分がいます。昨年もそうでした。 無意識に自分の中で何かが、まだ意識化できない何かが動き出す、そんな感じがします。 今年の3月11日の前日、仕事を終えて神楽坂通りを歩いていると、毘沙門天の前に僧侶の方が立っておられ、震災で亡くなられた方へのお焼香と追悼式への参加を道行く人に呼び掛けていました。 震災後、黙祷をしたり祈る機会はあったものの、「お焼香をあげる」という機会はありませんでした。 私にとっての「お焼香」は、自分と関わりのあった、たった一人 ...もっと読む

再び出逢う:セラピスト藤原千枝子さん

2013.03.09

3月に入り、急激に暖かくなってきました。 体調を崩している方が多いようです。季節の変わり目、すこしスローダウンして過ごせるといいですね。 先日、ソマティック・エクスペリエンスの日本での第一人者であり、札幌でのトレーニングをオーガナイズされているセラピストの藤原千枝子さんが、ご自身のブログで私のサイトを紹介してくださいました。ありがとうございます。(藤原さんのブログはこちらです。) 藤原さんとの出会いは、私がソマティック・エクスペリエンスの第1期トレーニングに参加した4年ほど前なのですが、トレーニング期間の3年間は、藤原さんとゆっくりとお話する機会を作ることができないまま過ぎ去ってしまいました。 ...もっと読む

「日常」と向き合う:off the matの過ごし方

2013.02.27

2013年も2か月が過ぎようとしています。あっという間ですね。 年度末を控え、慌ただしい日々をお過ごしの方も多いのではないでしょうか。 私自身も変化が続き、地に足が着いていない自分を感じています。 「非日常の時間」は日々のスパイスや張り合いになりますが、圧倒的に大部分を占めているのは「日常」ですよね。この、ある意味「変わりばえのしない日常」をどのような状態で過ごすかによって、今の、未来の自分の在り方も変わるように思います。 クリパルヨガにも、「off the mat」という概念があります。 ヨガマットの外にいる時、つまり、ヨガ以外の日常の時間の過ごし方を大切にします。 これは、セラピー以外の時 ...もっと読む

理論を越えた人間の力

2013.02.12

様々なセラピーの理論があります。 理論の精密さや深さに感動することも多々あります。 そういった理論やテクニックをしっかりと身につけて、クライアントさんに提供したい。 そのためにはもっともっと勉強しなくては。 そんな思いがここ1年ほど強まっていたように思います。 先日、あるクライアントさんとのセッションの際に、「そういった今の自分のスタンスを、一度振り返った方がいい」、そう思う瞬間がありました。 このクライアントさんのトラウマの種類はあれだから、あのテクニックを行う。 ああいった体験をされている方だから、今はこういう状態に違いない。 「見立て」「アセスメント」などと呼ばれるものですね。 もちろん ...もっと読む

腰に溜まったトラウマを解放する③:TRE~トラウマ解放エクササイズ~

2013.02.06

最近、「新しいことを学びたい」という思いが強まっています。 ソマティック・エクスペリエンスやクリパルヨガなどの、こころとからだを統合していくセラピーやボディワークとの相乗効果が得られそうものを探しているところです。 手始めに、まずはこのワークショップに参加することにしました。 エサレン研究所のシャー・ピアスさんによる、TRE(緊張とトラウマを解放するエクササイズ) ワークショップ TREについては、昨年、「人生を変えるトラウマ解放エクササイズ」という書籍が発売になったので、ご存じの方も多いと思います。 自宅でできる簡単なエクササイズを通じて、緊張やトラウマの解放を促すワークです。デイビッド・バ ...もっと読む

人生の拡大を許す:stop stopping

2013.01.28

先日、ヨガ教師のサコさんとランチミーティングをしている時に、ふとあることを思いました。 「目標に近づくために今必要なことに気付いているのに、どうして行動に移せないんだろう?」 内容的にそれ程大変なことでもなく、簡単な事務作業で済むことなのに、なかなか動けない自分がいます。まるで、目標に近づくのを自分で阻んでいるかのようです。うーん、アクセルとブレーキを同時に踏むとはこのことでしょうか。 前回のブログで書いた、「自分が好きなこと、理屈ではなく楽しめることを、なぜか自分から遠ざけてしまう」ということと、どこかで繋がっているテーマのように感じます。 そんなことを考えていた時、ふと別の友達から言われた ...もっと読む

手放していた大切なもの

2013.01.20

先日、友達と交換セッションをしました。 以前このブログにも登場しました、ヨガ教師のサコさんとです。 サコさんはヨガ教師であると同時にレイキティーチャーでもあり、ヨガのクラスにレイキを取り入れるなど、新しい試みを進めています。 サコさんは私にレイキを、私はサコさんにソマティック・エクスペリエンスのセッションをそれぞれ行いました。 私は最近、こういった友達との時間が楽しくて仕方ありません。お互いに、自分が持っているものを持ち合って、一緒に何かをする。ひとりでは出てこないもの、そして1+1=2以上のケタ外れの何かがひょっこり落ちてくる。その瞬間が面白くて仕方ありません。 今回も、とても濃い時間になり ...もっと読む

言葉にならないトラウマの解放:潜在記憶とアート

2013.01.12

先日、ソマティック・エクスペリエンス(SE)のトレーニングでご一緒していたボディワーカーの方が開催された勉強会に参加してきました。SEの創始者であるピーター・リヴァインがアメリカで開催したワークショップに参加され、その内容をシェアしてくださったのです。 テーマは、「言葉として語られない記憶(トラウマ)へのアプローチ」です。 「記憶」には二つの種類があります。 ひとつは、事実やストーリ-などを扱う「顕在記憶」です。通常、私達が使う「記憶」という言葉は、こちらに当てはまります。 もうひとつは、「潜在記憶(手続き記憶)」です。なかなか言語化できない、無意識的で条件づけられた記憶です。(なかなか言語化 ...もっと読む

再会&2013年に向けて

2012.12.31

先日、久しぶりの友人と再会しました。ヨガ教師として活躍中のサコさんです。 サコさんとの出会いは、5~6年位前でしょうか。 当時渋谷にあった、yoga of lifeのスタジオで出会い、毎週のように同じクラスに出ていました。 当時、私はちょっとした人生の壁にぶつかっていたのですが、ヨガやyoga of life、そしてサコさんとの時間に随分と助けられ、次のステップに踏み出すことができたのだと改めて感じています。 その後、お互いの生活に変化があり、会えるチャンスが減っていきました。 会いたいなと思いつつ、目の前のことで精一杯という感じで・・。 今年に入り、数年ぶりの再会を果たし、先日二人で忘年会を ...もっと読む

望む現実を引き寄せる:感情との付き合い方

2012.12.23

望む現実を引き寄せることが上手な人達の秘訣やルールってなんだろう? そんなことを時々考えていました。 何かを望んだ途端に、状況がまるでそれを後押しするかのようにシンクロが起きたり、周囲からのサポートが集まってくる人がいる一方、誠実に努力しているにも関わらず、なかなか現実面が動かない人もいます。 「成功」は、他者との協同から生まれることも多いので、もちろん「共感性」は重要な要素にはなると思うのですが、決定的な要素ではないようにも感じていました。(このあたりは、「成功」の定義によって変わってくる部分ではあると思いますが。) そして先日、尊敬している友人と話をしていた時に、その秘訣が少し分かったよう ...もっと読む



PAGE TOP



RSS



Copyrights © Nature Flow All Rights Reserved.