「日常」と向き合う:off the matの過ごし方

2013.02.27

2013年も2か月が過ぎようとしています。あっという間ですね。

年度末を控え、慌ただしい日々をお過ごしの方も多いのではないでしょうか。

私自身も変化が続き、地に足が着いていない自分を感じています。

「非日常の時間」は日々のスパイスや張り合いになりますが、圧倒的に大部分を占めているのは「日常」ですよね。この、ある意味「変わりばえのしない日常」をどのような状態で過ごすかによって、今の、未来の自分の在り方も変わるように思います。

クリパルヨガにも、「off the mat」という概念があります。

ヨガマットの外にいる時、つまり、ヨガ以外の日常の時間の過ごし方を大切にします。

これは、セラピー以外の時間、と考えることもできますよね。

「日常」の意識の仕方のひとつとして、同じくクリパルヨガの概念に「BRFWA」というメソッドがあります。

これは、「今」に存在するためのシンプルな、そしてダイナミックな実践方法です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<クリパルのBRFWA>

B:breath

呼吸を常に意識する。

R:relax

心と体の緊張を手放す。

F:feel

自分の感覚や感情にオープンになる。感じる。

W:watch

今起きていることをジャッジすることなく観察する。

A:allow

状況や自分自身を受け入れ、委ねる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クリパルは、この5つのことを意識して日々を過ごすことを提案しています。

とてもシンプルで派手さはないのですが、どれも実践し続けることは難しい。

本質的なことって、このように地味なことが多いように感じます。

BRFWAに立ち戻る度に、呼吸を止めがちで、感じるよりも考え、ジャッジして抵抗している自分に気づかされています。

カテゴリー: 未分類

nature-flowでは、自己探索に必要な「安全」や「静けさ」、「ユーモア」や「柔らかさ」を大切にしています。そして、「症状をなくす」ことだけに注力するのではなく、その方固有の個性や本質(true nature)を活かした生き方の探索に寄り添うことを大切にしていきたい、そんな風に思っています。

カウンセリング詳細&お申し込み




コメントは受け付けていません。